鎌倉市長
石渡 徳一 様
2002年11月18日
神奈川県立近代美術館100年の会
代表 高階 秀爾
拝啓
時下、ますますご清栄のこととお慶び申し上げます。
さて私共「神奈川県立近代美術館100年の会」(略称近美100年の会・代表高階秀爾)では、11月18日に、神奈川県立近代美術館を国の‘登録文化財‘に登録していただきたい旨、神奈川県知事、文化庁長官、神奈川県立近代美術館館長宛に、要望書を提出いたしました。
ご承知の通りこの美術館は、戦後間もない1951年に、人々の新たな心のよりどころを作ろうと願う、美術界や当時の内山岩太郎知事の強い思いと、また同じように戦争の時代からの復興を願っていた八幡宮の要請もあって、鎌倉の現在の地に建てられました。日本ではじめての近代美術館としてのその活動は、戦後の美術界のみならず日本の文化全般に大きな影響を与えており、その重要な貢献はひろく認められているところです。
神奈川県では、葉山町に新しい近代美術館を建設されており、2003年秋にこの新しい施設が開館した後は、鎌倉の近代美術館との2館体制で運営されるとうかがっております。
昨秋この美術館は開設50周年を迎えましたが、古都鎌倉の杜の中にあって八幡宮と魅力的な調和を保ち、鎌倉市民にとって誇りうる鎌倉市のかけがえのない文化遺産だと思います。
提出文書のコピーを同封いたしますので是非ご高覧いただき、この美術館をいつまでも存続継承していけますよう、鎌倉市としても是非尽力していただきたいと存じます。また私共「神奈川県立近代美術館100年の会」の資料も同封させていただきますので、是非活動にご支援いただけますよう併せてお願い申し上げます。
敬具