神奈川県知事
岡崎 洋 様
2002年11月18日
神奈川県立近代美術館100年の会
代表 高階 秀爾
神奈川県立近代美術館の登録文化財の登録に関する要望書
拝啓
時下、ますますご清栄のこととお慶び申し上げます。 貴県におかれましては、文化・芸術に対する深い理解と支援、そしてその継承に尽力されていることに敬意を表します。 さて、「神奈川県立近代美術館100年の会」は、昨秋11月、鎌倉の神奈川県立近代美術館が開設50周年を迎えられたのを期に結成されました。私どもの目標は、このすばらしい美術館が、いつまでも現在の鶴岡八幡宮境内の地で現役として活動しつづけられることを願い、外側からそれを支援しようというもので、美術界、建築界の有志が発案し、多くの市民の賛同も得て組織され、活動を始めております。 御承知のように、神奈川県立近代美術館は、1951年日本がまだ戦争の痛手も生々しい時期に、文化の復興こそが日本の復興の源であるとする、当時の内山岩太郎知事はじめ多くの県民の共有された強い意志によって生みだされた貴重な文化施設であり、日本では初めての世界的に見ても3番目の近代美術館として建てられたものです。 設計は、近代建築を切り開いたフランスのル・コルビュジエのもとで学んだ建築家、坂倉準三によるもので、氏の代表作でありかつ20世紀を代表する重要な近代建築の遺産の一つとして国際的にも高い評価を得ています。 しかも、この優れた近代建築が、古い歴史をもつ鶴岡八幡宮の境内にあることによって、歴史的時間の中での深い調和と、かけがえのない存在感が古都鎌倉にもたらされているといってよいでしょう。 このようなことによって、神奈川県立近代美術館は、近代建築やそれを取り巻く環境の保存と資料化を行う世界的な組織であるドコモモ(DOCOMOMO註・別紙)により、日本におけるドコモモ20選のひとつに選定されております。 御承知のように、国の文化財登録は、建設後50年を経過した文化的に優れた建築物等を、後世に活用しながら伝える柔軟な文化財登録制度であり、やがて鎌倉が世界の貴重な遺産として認められるプロセスにおいても、鎌倉の歴史的価値を深めることに寄与すると確信致します。 そこで私どもは、この珠玉のような神奈川県立近代美術館が、創立50年を迎えたのを期に、その優れた建築的遺産を長く後世に伝える為、ぜひとも国の文化財登録に登録されることを要望致します。 私たち「神奈川県立近代美術館100年の会」は、神奈川県立近代美術館が、後世に益々美しい姿で活用され続けることを願ってこの要望を提出し、「神奈川県立近代美術館100年の会」としてもできる限りの様々な協力をさせて頂くことを申し添えます。        

敬具