TOP はじめに NEWS 近美について 活動記録 記事 近美★People 鎌倉便り LINKS 会員募集




鎌倉近美が大好き


近美100年の会事務局長 兼松紘一郎/建築家・兼松設計主宰

魅力的な美術館は沢山あるが、日本では「鎌倉の近代美術館」が一番好きだ。 本館2階の展示を見た後階段の真鍮の手すりを伝いながら一階に下り、中庭にちらりと目をやり新館に足を運ぶ。展示された作品に刺激を受け、少し興奮しながらピロティのベンチに腰掛け、天井に映るゆらゆらと揺れる池の波紋や杜の緑を観る。 何がしかの充実感と幸せを感じるときだ。 さてその後、八幡宮に参拝するのもいいし、若者で混む小町通を散策し、骨董屋や古書店を冷やかし、何を食おうかと考えるのも楽しい。古都鎌倉の神様に叱られてしまうかもしれないが、僕の鎌倉好きは、近美があるからだ。 僕は建築家だから、設計者の坂倉準三に思いを馳せたり、建築の空間や自然とのつながりに感銘を受けたりするのかもしれないが、つい最近それを確認できる企画があった。 本館で展示された「野中ユリ」を見たくて近美に行ったのだが、新館の音の芸術家「小杉武久」のブラインドを全て上げ外部が見える形で表現したインスタレーションに感銘を受け、この美術館を育てた土方定一の「鎌倉の杜の見える美術館」がほしいと言った意味を確認した。 この二つの展覧会のコラボレーションは、担当したキュレーターの太田さんと水沢さんの想いに負うところが多いのだろうが、いつ来ても新鮮な驚きを与えてくれるこの美術館の持つポテンシャルはすばらしい。


近美と私 その他記事
鎌倉を訪れる度"自分は俄か御家人だなぁ"と自嘲する。 (南野英行)

ピラネージ版画展の記憶
 (倉澤智) 

近美と私  (Gennifer Weisenfeld)

イタクラ準三 (藤本幸充)


建築ってなんだろう? (本間義章)

近美に胸きゅん☆ (鈴木香代)

DOCOMOMOを通しての鎌倉近代美術館
 (渡邉研司)
記事TOPへ