TOP はじめに NEWS 近美について 活動記録 記事 近美★People 鎌倉便り LINKS 会員募集



イタクラ準三

藤本幸充
建築家 鎌倉設計工房主宰


30年以上前、東大の入試が中止になった頃、とある大学の商学部に入った。将来、商社マンになって世界を駆回りたいと、漠然とした希望を持って入学してはみた。が、学生運動の盛んな頃で、運動に参加するしないはともかく、自分の人生について、深く考えざるを得ない時代であった。経済が嫌いなわけではなかったが何か違うものを次第に感じ始めていた。書店でモダンリビング誌を手にしたとき、住宅に興味を持っていた小学生の頃を思い出した。中学校時代にも身近に建築家はいたではないか、と思い至ると大学を中退し建築を目指すのにそれ程時間はかからなかった。受験対策上多くのデッサンをこなした。近美はその時の対象となった。高校時代、期末試験が終るとよく鎌倉を歩いたので近美にはなじみがあったが、美大受験に切替えたその頃は真剣であり近美と対峙してデッサンに励んだ。コールテン鋼の増築棟は既に完成していて、蓮の花の群落も少なく、建物際の水面はもっとよく見えた。その頃、デッサンの先生に「好きな建築家は」と尋ねられ、知ったかぶりをして、大声で「板倉準三!」と答え、大恥を掻いてしまった。



近美と私 その他記事
鎌倉を訪れる度"自分は俄か御家人だなぁ"と自嘲する。 (南野英行)

ピラネージ版画展の記憶 (倉澤智)

近美と私  Gennifer Weisenfeld

建築ってなんだろう? 
(本間義章)

鎌倉近美が大好き (兼松紘一郎)

近美に胸きゅん☆ (鈴木香代)

DOCOMOMOを通しての鎌倉近代美術館 (渡邉研司)
記事TOPへ