TOP はじめに NEWS 近美について 活動記録 記事 近美★People 鎌倉便り LINKS 会員募集

近美について
坂倉準三とは
近美の見所

 
坂倉準三 さかくら じゅんぞう 1901-1969
百合夫人がお気に入りだったという1枚
写真提供:坂倉建築研究所
コルビュジェのもとで建築を学んで以来、モダニズムと日本の伝統的な造形を融合させた作品を発表し続けた。晩年の新宿西口広場は、都市計画における広場の意味を問う端緒を開いた作品である。
略 歴
1901 (明治34) 5月29日岐阜県羽島市に生まれる
1927 (昭和2) 東京帝国大学文学部美学美術史学科を卒業
1928 (昭和3) 渡仏。パリ大学Ecole Special de Travaux Publicで建築を学ぶ
1931 (昭和6) ル・コルヴュジェの事務所で実務に就く (1936帰国)
1940 (昭和15) 坂倉準三建築研究所設立
1946 (昭和21) 連合軍関係設営の設計
1951 (昭和26) サンパウロ第1回ビエンナーレ国際建築展審査員
1960 (昭和35) 世界デザイン会議実行委員長
1964 (昭和39) 日本建築家協会会長
1969 (昭和44) 9月1日 逝去 68歳
主要建築作品
パリ万国博覧会日本館(1937)、神奈川県立近代美術館本館(1951)、東京日仏学院(1951)
国際文化会館(1955)(*1)、東急文化会館(1956)(*2)、羽島市庁舎(1959)、呉市市庁舎(1962)
神奈川県立近代美術館新館(1966)、神奈川県新庁舎(1966)、新宿西口広場及び地下駐車場(1966)、
近鉄奈良ターミナルビル(1970)
(*1) 共同設計:前川國男、吉村順三  (*2)2003年6月末閉館後解体
受 賞
パリ万国博覧会最高大賞「日本館」(1937)、日本建築学会賞「国際文化会館」(1951)
神奈川県建築賞「神奈川県立近代美術館」(1956)、日本建築学会賞「羽島市庁舎」(1961)
日本建築学会賞「新宿副都心開発計画における駅前広場の立体的造成」(1968) 
参考資料
「現代日本建築家全集11」 三一書房 1971年刊