TOP はじめに NEWS 近美について 活動記録 記事 近美★People 鎌倉便り LINKS 会員募集




開設に際して
設立について
会員規則

 
『神奈川県立近代美術館100年の会』設立について
近美100年の会 事務局長 兼松紘一郎
<近美100年の会設立の経緯> 
 2001年の11月17日、鎌倉八幡宮の境内の一角に建つ「神奈川県立近代美術館」が、開設50周年を迎えました。 戦後間もない1951年(昭和26年)、人々の心のよりどころを作ろうと、美術界や当時の神奈川県内山岩太郎知事の強い思いと、同じように復興を 願っていた八幡宮の要請もあり、世界で3番目の、日本では最初の近代美術館としてこの鎌倉の地に建てられたのです。 設計は、コルビジュエのもとで学んだ坂倉準三で、白い小さな箱といわれる清新な姿は、古都鎌倉の杜の中にあって八幡宮と魅力的な調和を保ち、 日本の近代建築を語るとき欠かせない大切な建築として、日本だけでなく世界の建築界からも注目されています。

 近代美術館は、近代や現代の美術作品を展示公開するとともに、作品のコレクションという大切な役割も担っています。したがって収蔵庫の増設や、 現代美術の展示のための設備改修など時代に即し手を入れていかなくてはいけません。しかし敷地が史跡に指定された こともあって埋蔵文化財を傷めるということで大規模な増改修が許されず、神奈川県は様々な検討の結果、葉山に新しい美術館を作り10月に開館することになりました。 鎌倉は4月から休館し、その間新美術館の準備とメンテを行い11月に彫刻家 堀口正和展によって再開し、その後は常設展示を主体とした美術館として 葉山と2館体制で運営されることになっています。 しかしこの美術館は八幡宮から借地して建てられており、次の借地更新は14年後になるものの、八幡宮からは敷地返還の要請がなされており、その存続が懸念されます。
 
そこで2001年11月6日、この美術館をより長く現役で使い続けられることを願い、建築界と美術界のメンバーが中心となった発起人会を開き、 高階秀爾氏を代表とした「神奈川県立近代美術館100年の会」を発足させました。現在会のコアメンバーとして、建築家と共に鎌倉の市民や大勢の 学生も加わって活発な活動を繰広げています。 この美術館が存在する意義や、鎌倉にあることの大切さを社会に伝えるためのシンポジウムをやり、建築雑誌などへの寄稿、会報の発行、ホームページの開設、 近美での展覧会や建築の見学会、周辺の史跡や鎌倉の街歩き、昨年の秋には神奈川県知事や文化庁に、近美を『登録文化財』に登録してほしい旨の要望書提出など 様々な試みをやってきました。
 これらの活動をしながら感じている私たちの望みは、この会の趣旨を多くの一般の人々や鎌倉市民に知っていただきたいこと、そして様々な組織と連携を取って ネットワークを作り、人が生きていく上でとても大切な「文化」について考え活動していきたいということです。是非皆様に入会いただき、この素晴らしい美術館が 存続されるよう、行政や社会に働きかけるなどお力添えを戴きたいと思います。  (2001年11月)

 
《主要メンバー》
代表: 高階 秀爾
会員: 伊倉 退蔵
磯崎  新
大川 三雄
小川 裕充
大隈  哲
大倉  宏
兼松紘一郎
川口  衛
北村 脩一
木下 直之
黒沢  隆
駒田 知彦
鈴木 博之
谷口 吉生
永井 路子
林  昌二
阪田 誠造
藤岡 洋保
藤木 隆男
藤森 照信
槙  文彦
松隈  洋
松谷 菊男
室伏 次郎
山名 善之
李  禹煥
渡邉 研司
他多数
<近美100年の会の活動>
 2001年11月23日に行ったシンポジウムをスタートとして活動を始めた近美100年の会は、5年目を迎えることになりました。会員も約300名になり、その約半数が建築家や建築歴史学者と美術関係の専門家と建築を学ぶ学生などですが、半数が鎌倉在住者を含む一般市民です。私達はこの美術館の存続を願いながら、様々な活動をしています。
 この美術館の設計を担当した坂倉建築研究所OBの建築家の解説をしていただいた近美鎌倉館の見学、新築になった葉山館を、開館直前に学芸員に案内していただいて見学しました。また近美と縁のあった版画家棟方志功のお孫さんに鎌倉山の版画美術館を見せていただいた後、ご一緒に近美を訪れました。更に近美の鎌倉における位置づけを考えてみようと、天園ハイキングコースを歩いたり、切通しを散策しながら鎌倉のある近美の存在を楽しみながら確認し、お酒を飲みながら歓談したりしました。
 一方会員で坂倉事務所OBの藤木隆男教授(当時は芝浦工大)が中心となって、構造の検討を行ったり、設計を担当した駒田さんにヒヤリングして、会報に連載したりしてきました。これらの活動が鎌倉市に評価され、2004年度の「鎌倉市まちづくり景観賞」を近美100年の会に頂きました。
 神奈川県には私達の会の活動と、近美に対する想いを文章で提出して伝えたり、知事に面会して存続を要請して来ました。借地更新も10年後に控え、昨年の暮れには敷地を所有している鶴岡八幡宮の吉田宮司にお会いし、素直に意見交換もしました。
 このHPは、神奈川大学に在籍していた本間義章さんが中心になって開設し、"近美ピープル”などによって多くの人に喜ばれていますが、協力してくれた学生が卒業するなど更新に苦労しています。本間さんとは今後の更新についての相談をしています。

 つい先ごろ丹下健三の設計した「広島ピースセンター」と、村野藤吾による「世界平和記念聖堂」が戦後の建築として初めて重要文化財に指定されることになりました。戦後のモダニズム建築が社会に果たしてきた役割が認識されるようになったといえます。
 日本のモダニズム建築を考える上で欠かせない、建築家坂倉準三の代表作、私達の「鎌倉近美」の存在を改めて考え、存続に向けての活動をゆったりと楽しく続けてゆきたいと思います。 
(2006年9月)



■兼松紘一郎■
建築家 兼松設計主宰
1940年東京生まれ 1962年明治大学建築学科卒
日本建築家協会(JIA) 理事。関東甲信越支部保存問題員会委員長。
DOCOMOMO Japan幹事長など歴任。
現在:建築学会・歴史的建築リスト整備活用委員会委員。旧日向別邸等研究委員会委員。
愛知芸術大学建築環境評価専門委員会委員。鬼北庁舎監修委員会委員。